2014年 03月 21日
高尾山「ハナネコノメ」に会いに その3
ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。 現在の順位はこちら です(最早何処にいるのか、分からない状況ですけれど)。

さて今回は、3月10日に「ハナネコノメ」に会いに高尾山に行ったときのお話の 3回目です。
日影沢でうまく見つけられなかった私は小下沢林道に進んだのですが・・・。




c0196928_17541072.jpg

9時44分、日影沢のハナネコノメは蕾ばかりだったので、もう一つのポイントである小下沢林道に向かって歩き始めた。

道路はカラッカラなものの、中央線のガード下手前の、沢沿いの斜面にはかなりの雪が残っていた。
雪の白さと空の青さの組み合わせがいい。

c0196928_1754227.jpg

 中央線のガード下をくぐり、「梅の里・木下沢梅林」と書いてある白い看板のところで右折し、9時52分「木下沢梅林 梅の里」に到着。
しかしまだ梅はほとんど咲いてない。入口も閉まってしまっている。

看板を見たら、3月15日(土)から30日(日)まで特別開園しているという。
つまり今なら入れるんですね。そういえば一度も入ったこと、ないなあ・・・。

c0196928_17543396.jpg

この日は 3月10日。ご覧のとおり梅の花はほとんどまったく咲いてない。
ここ数年、梅の花の開花っていつも遅れがちですね。

c0196928_1754425.jpg

しかし空の青さがいいなあ。冬場(と言っていいでしょうね、まだ山は)のこの空気感は良いね。

c0196928_17545433.jpg

小下沢林道に入っていく。

このとき 2人組の 60代ぐらいの親父と出会った。
2人ともカメラを持っていたが、特に片方は EOS に馬鹿でかいレンズを着けていた。

「バードウォッチングですか?」

と声をかけたらそうだという。

「すごいレンズですねえ」と言うと、「400mmだけれどね」と返してきた。
APSなら×1.6倍で 640mmになるから、十分かな?

c0196928_1755476.jpg

沢を覗くも、一向にハナネコノメが咲いている様子がない。

途中で 2人連れの 60代ぐらいの女性に出会った。

「ハナネコノメを求めてきたんですけれど、まだ咲いてないですねえ」

と話しかけると、例の遊歩道のところには 7~8輪咲いていたという。 へえ。見落としたかなあ。

ちなみに彼女たちに言わすと、この小下沢林道はもっと開花が遅いってことだった。
なんだよ、ダメかあ・・・。

c0196928_17551671.jpg

10時19分にゲートを抜ける。林道の終点も近い。

ここで私は手帳にこう書いている。

「もう行くっきゃないね」

ここまで来て引き返すのは面倒だ。もうこうなったらこっちから景信山に登るしかない・・・っていう意味だ。

c0196928_17552563.jpg

10時22分に林道終点に到達。

ご覧のように広場風になっている場所にはほとんど雪がなかった。

c0196928_1755361.jpg

しかし何故か景信山に向かう方にだけすごく雪が残っていた。

なんか一瞬ためらってしまった。

でもいいや。少し登ってみよう・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-03-21 17:56 | 山歩き&花 | Comments(0)


<< 高尾山「ハナネコノメ」に会いに...      高尾山「ハナネコノメ」に会いに... >>