2014年 03月 07日
ちょっと曇天の曽我丘陵歩き その2
ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。現在の順位はこちら です(最早何処にいるのか、分からない状況ですけれど)。

さて今回は、2月24日に曽我丘陵を歩いてきたときのお話の 2回目です。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。



c0196928_8361211.jpg

相変わらずの曇天ながら、開放感にあふれた農道歩きが続いていた。

正面に見えるのは丹沢山塊だと思います。

c0196928_8362210.jpg

10時29分(JR国府津駅から 1時間9分後)、大きく右に曲がる分岐に到達。

c0196928_8363499.jpg

ここの坂がこのコースで一番の急登に当たる。

しかしこのあたりから青空が広がりだし、やがて待望の日差しが出てきた。
冬の日差しは何よりも嬉しい。どうやら予報よりも早く晴れだしてくれそうだ。

c0196928_8364427.jpg

急登を登り切ったら左折するのだが、右に少し入っていったところに高山という山の山頂にあたる場所があるというから寄り道してみた。

なるほど三角点がこうしてあるけれども、およそ山頂らしくないね。

c0196928_8365734.jpg

しかし近くにあった木に小さく「高山 246m」という案内板がかかっていた。
何かこれを発見できたのが嬉しかったなあ・・・。

c0196928_8371561.jpg

そんなこんなで、今回のコースはずっと舗装された農道や林道歩き。

「こんなコース、何が面白いんだ」と言われてしまいそうだが、とにかく絶景がふんだんに現れるコースなのだ。

10時42分、正面に小田原の街並みと海が広がりだす。ここも素晴らしいポイントで、ちょっと感激してしまった。

c0196928_8372680.jpg

このあたりから梅林が目立つようになってきた。
梅の香りが早春を感じさせる。

c0196928_8373672.jpg

少しアップで写してみました。

c0196928_8375018.jpg

10時50分(JR国府津駅から 1時間分30後)、一本松に到着。
前回同様ここでお10時休憩をすることにした。

c0196928_83814.jpg

というわけで午後の紅茶と共にアップルパイをいただく。

コンビニで買ったアップルパイの味はまあまあだった。だけどせっかくのお10時休憩なのだから、もう少しうまいものを食べたいな、とも思った。

c0196928_8381431.jpg

10時55分、休憩を終了して歩き始め、11時7分、六本松跡に到着。

3年前の春、今回とは逆に JR御殿場線の上大井駅から曽我の丘陵地帯を歩いてここに達したことがあるのだが、ここから道を間違えてしまって車道に進んでしまい、以後国府津駅までずっと車道歩きをする羽目に陥った。

そういった意味でここは因縁の地なのだ。

ちなみに鎌倉時代この場所は、曽我氏などの豪族の館と鎌倉を結んでいた場所で、足柄道、鎌倉道、大山道、箱根道が交わる重要な峠だったということだ。

さて、ここからいよいよ曽我の梅園に下りていく。
じつは去年もそのときに途中で道を間違えている。

というわけで、今年はその雪辱です。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-03-07 08:38 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山バカ夫婦 at 2014-03-08 10:28 x
おっ!立派な三角点があるんですね。
うちの相棒が見たら、すぐ写真です。
こういう三角点は意外と見落としがちですが、必ず地図には記載されて
いて、探すのに苦労するのもあるんですが・・・
Commented by JunMorosawA at 2014-03-11 07:39
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> おっ!立派な三角点があるんですね。

そうなんですよ。こんな低い山にもあるんですねえ。

> うちの相棒が見たら、すぐ写真です。

そういえば相棒さんはお好きでしたね♪


<< ちょっと曇天の曽我丘陵歩き その3      ちょっと曇天の曽我丘陵歩き その1 >>