2014年 02月 19日
湘南平と吾妻山を巡る旅 その7
ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。
ここのところ地味な話ばかりお届けしているせいで、ランキングは坂を転がり落ちるように下降(苦笑)。ちなみに 現在の順位はこちら です(最早何処にいるのか、分からない状況ですけれど)。

さて今回は、1月末に湘南にあるその名も湘南平と呼ばれる丘陵地帯を歩いてきたときのお話の 7回目です。

更新ペースが遅くてすいません。最近ちょっと忙しいんです。
というわけでよろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_17583135.jpg

10時8分、最終目的地といっていい、湘南平に到着した。
高来神社から歩き始めたのが 9時14分だから、1時間かからないんですねえ。

湘南平は、ご覧のように野球場のような大きな広場になっていた。
まだ時間が早いせいか、観光客ってよりも、近所のおっさんって感じの人たちがポツリポツリとベンチに座っていた。

ネットの情報によると、湘南平(しょうなんだいら)は、神奈川県の平塚市と大磯町の境にある標高181mの丘陵で、高麗山(こまやま)と泡垂山(あわたらやま)の山頂一帯を指すという。
つまり今日私が歩いてきた山稜は全て湘南平なわけで、何もここだけが湘南平というわけではないようだ。

c0196928_17584324.jpg

地元ではかつて千畳敷と呼ばれていたものが、公園として整備するにあたり湘南平と呼ばれるようになったらしい。また 「かながわの景勝50選」と共に「かながわの公園50選」に選ばれている。

c0196928_17585531.jpg

広場の先端に、ちょっと奇妙な形をした建造物があった。「高麗山レストハウス」という名の建物で、展望台兼レストランになっているようだった。

さっそく登ってみたら・・・。

c0196928_17591056.jpg

まさに息を飲む絶景だった!

まずは富士山がこんなにくっきりと見えていた。

c0196928_17592326.jpg

いや、富士山ばかりじゃない。

相模湾から、伊豆半島、箱根の山、そして丹沢山塊までもが一望できた。大島ももちろん見えた。

ちょっとパノラマ写真の具合が悪いらしく、おかしな合成になってしまいましたが、クリックして大きな画像を見てください。

c0196928_17593324.jpg

振り返れば湘南の海にぽっかりと江の島が浮かび、その先には房総半島までもが見えた。

いくら冬場でも、ここまでよく見えるのはマレなのではないだろうか・・・。

c0196928_17594552.jpg

展望台には数人の人影があった。
何処にでもそういう人がいるが、1組のご夫婦がいて、その旦那さんが「教えたがり屋さん」で詳しく説明してくれた。

どうやらこの右側の山が大山のようです。

c0196928_17595456.jpg

建物から下り、ご覧の海の側のベンチが開いていたんでそこにデイパックを置いた。

c0196928_180557.jpg

そして午後の紅茶温かいホットティーと共に「メープル味わうホイップデニッシュ」ってやつを食べた。
ちょっと安っぽい味ではあったが、甘さがここちよかった。

さて、大磯駅目指して、下山するか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-02-19 18:01 | 低山歩き | Comments(0)


<< 湘南平と吾妻山を巡る旅 その8      湘南平と吾妻山を巡る旅 その6 >>