2013年 12月 08日
丹沢・秋の畦ヶ丸へ その4
ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。
面白いことに、だいたいここのところ 12位前後で安定しています。ちなみに 現在の順位はこちら です。

11月最初の連休が終わった 5日の日は快晴が保証されていた。
そろそろガッツのある山登りをしたい。

そこで浮かんだのが 2年前にも一度登ったことのある丹沢の畦ヶ丸(あぜがまる)。

そのときは丹沢の名瀑と呼ばれている本棚(ほんたな)を見そこなってしまってがっかりした。
それと天候に恵まれずにちょっと寂しい山行になってしまった。

いわばそれのリベンジだ。

11月5日8時29分、バスが終点の西丹沢自然教室に到着。
さて、どんな山行になるかな。



c0196928_17282449.jpg

8時35分、畦ヶ丸(あぜがまる)に向けてスタートを切る。
まずは薄緑色をした立派な吊り橋で河内川を渡る。

c0196928_17284166.jpg

雲一つない青空。ぴりりとした空気。そして若干色づいている周囲の山々・・・。
何だろう、いいなあ!

この気分は北アルプスの双六岳を登って以来のものだ。
そうか。そのときも新穂高温泉バス停から蒲田川を渡って登山を開始した。似ているんだ。

そして双六岳以来の本格的な登山ってことで気分が紅葉・・・いや、高揚しているんだ。

c0196928_17285045.jpg

ほら、この大きな岩がごろごろしているところも蒲田川そっくりだ。
思わず「気分いいね!」とこのとき手帳に書いている。

c0196928_1729116.jpg

さて、このコースは 2年前にも一度歩いている。
そのときの記憶だと、すぐに白一色の広い河原になるはずがならない。

少し焦った。

c0196928_17291794.jpg

やがて右手に巨大な堰堤(えんてい)が現れる。堰堤からは滝のように水が落ちていて、すごい迫力だった。

私が愛用している LUMIX DMC-G6 にはビデオカメラ並みの動画機能があるんで今回動画で映したため、静止画がない。だからこれだけは2年前の写真で失礼する。

c0196928_17292737.jpg

堰堤の左側に設置されている階段を上る。

c0196928_17293888.jpg

すると今度こそ記憶どおりの白一色の広い河原が現れた。
前回同様、今回もちょっと感動した。山の一部が紅葉していて、素晴らしい!

c0196928_17294798.jpg

振り返ればそこに強烈な日差しを放つ太陽が!
夏場だと嫌われ者の太陽も、この時期になると嬉しい。

c0196928_1730521.jpg

そして河原には蝶が 1匹遊んでいた。どうやらアカタテハのようだ。

「こんな時期に」と思ってしまったが、アカタテハは成虫で越冬する蝶なんですね。

c0196928_1730204.jpg

沢に、梯子を横に置いたような橋が架かっていた。
しばらく沢沿いの道が続くため、この先何度もこのタイプの橋で沢を渡り返すことになる。

さて、沢の上流に進もう。
前回見そこなった滝に会いにいくぞ!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-12-08 17:32 | 低山歩き | Comments(0)


<< 丹沢・秋の畦ヶ丸へ その5      丹沢・秋の畦ヶ丸へ その3 >>