2013年 10月 16日
北アルプス・双六岳登山記 その37
c0196928_738132.jpg

皆さんのところの台風の影響はどうでしょうか?
私の住んでいる鎌倉は朝 7時現在、強い風は吹いているものの、雨はもう上がってしまい、青空が見られます。

それどころかご覧のように虹が発生していました。虹を見るのは久しぶりです。

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。ありがたいことに今月に入ってからずっと 3位をきわどくもキープ。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

さて、虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、北アルプス!

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、どーしようもない虚弱体質の中年男が北アルプスは双六岳に挑む。

8月27日、新穂高温泉の近くにあるわさび平小屋で一晩を過ごした私は、翌8月28日双六岳登頂を果たし、双六小屋に一泊。
8月29日の朝を迎え、夢のような稜線歩きを満喫していたのに、弓折乗越からの下山を決意。鏡平に向かっていた・・・。



鏡池にて

c0196928_7385862.jpg

7時42分、鏡平山荘の前を通過。
行きのときにも見ている場所なわけだが、いい場所だなあ、ここって・・・。

c0196928_739112.jpg

その直後にクジャクチョウをゲット!初めての出会いってわけではないけれども、美しい個体だ。

クジャクチョウ(孔雀蝶)は夏の高原を代表する美しいタテハチョウで、前翅長は 26-32mm ほど。年 2~4回発生し、成虫で冬を越す。
言うまでもなく、眼状紋(がんじょうもん)がクジャクの羽根の模様を連想させることからこの名がついた。また、日本産には geisha という名がつけられているという。

こんな単純な出会いがテンションを上げるのだからおかしい。
やっぱり旅って出会いがすべてなのかもしれない・・・。

c0196928_7392223.jpg

そして7時45分(双六小屋から歩き始めること 2時間後)、鏡池に到着。

これを見よ!というばかりの大快晴の中、槍・穂高連峰が一望です!

c0196928_7393216.jpg

思い出してみてください。行きのとき、「こんな」だったのを。

c0196928_7394290.jpg

それがこのときは「こんな」ですよ!

c0196928_739527.jpg

ほら、「逆さ槍」だって写っているではありませんか!

c0196928_740372.jpg

唯一残念だったのは逆光だったってこと。だから写真によってはゴーストが入ってしまった。
写真を綺麗に撮ろうと思ったら、ここは順光の時間帯の方がいいんだろうな。

ま、でもそれは贅沢な悩みってやつ。

最初の写真に写っている、一人ぽつんと池畔に佇んでいた男性に、「申し訳ないですけれど、1枚いいですか?」と声をかけ、これを写してもらいました(背中が光ってますねえ)。

c0196928_740132.jpg

そのうちご覧のおばさ・・・いや、うら若き 3人の女性陣が現れる。

何やら手ぬぐいのようなものを出して、それと一緒に槍・穂高連峰を写そうとしている。

近づくと、その手ぬぐいに槍・穂高連峰がイラストで描かれていた。

「いいものを持ってますねえ」

と声をかけると、何と鏡平山荘で 300円で買ったのだという。

「300円!いい価格設定だなあ!お手軽で!」

と言うと全員楽しそうに笑ってくれた。

c0196928_7402831.jpg

更に女性 2人が手ぬぐいを広げているところを写させてもらった。
この手ぬぐいのおかげで、ジャンダルムの位置などがはっきりと分かった。

そしてこの女性陣との交流のおかげで、私の中にあったモヤモヤとしていたものが一気に晴れた感じがした。

今年はこれでいい。あとは元気に下山しよう・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-10-16 07:41 | 北アルプスなど高山 | Comments(2)
Commented by 山バカ夫婦 at 2013-10-16 11:44 x
鏡平山荘は良い所にありますよね。
今度行くときはここに泊まりたいと思いました。
JUNさんと槍ヶ岳、似合いますね。槍が見えると、こんなにも
違った光景(池)になるんですよね。
Commented by JunMorosawA at 2013-10-16 17:23
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> 鏡平山荘は良い所にありますよね。
> 今度行くときはここに泊まりたいと思いました。

本当にいい場所ですね。それにあそこらへんの山小屋はスタッフの感じが他よりいいように感じました。

> 槍が見えると、こんなにも違った光景(池)になるんですよね。

そうですねえ。ただ逆光だったのがちょっと残念。逆光だと青空が青く写らないですからね・・・。


<< 北アルプス・双六岳登山記 その38      北アルプス・双六岳登山記 その36 >>