2013年 10月 13日
北アルプス・双六岳登山記 その34
きのうまでの異常な暑さも収まり、やっと秋らしい気候になりましたね。
北アルプスのような高山はともかく、歩くには最適な季節です。私が住んでいる鎌倉にもいいハイキングコースがありますよ。是非お出でください。

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。ありがたいことにこの数日、3~5位をきわどくもキープ。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

さて、虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、北アルプス!

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、どーしようもない虚弱体質の中年男が北アルプスは双六岳(+笠ヶ岳?)に挑む。

8月27日、新穂高温泉の近くにあるわさび平小屋で一晩を過ごした私は、翌8月28日双六岳登頂を果たし、双六小屋に一泊。
8月29日の朝を迎えていた・・・



どちらに向かうか・・・

c0196928_6103820.jpg

8月29日の朝を迎えた私。問題はどちらに向かうかだった。
本来この日は百名山の一つ、笠ヶ岳(かさがたけ)に向かうつもりでいた。

しかし問題は天候です。
この日の天候は「晴れのち曇り」で問題なかったものの、翌日の8月30日の予報は「曇りのち雨」だった。
もし早めに雨が降り出した場合、雨の中をやや難所と言われている笠新道を下らなければならない。

しかもこの日の朝、台風15号が近づいてくることが判明してしまった。
台風の影響が直接出るのは 3日後の 9月1日とはいえ、あまり穏やかな情報ではない。

c0196928_6105915.jpg
ヤマケイJOY 2010年夏 付録地図より


双六小屋で同室になった歯欠けさんが面白いアイデアを出してきた。

彼は、まずはここから双六岳に登り、それから三俣蓮華岳に進み、巻き道を通って双六小屋に戻ってきて、樅沢岳まで往復し、それから新穂高温泉に向かって下り、わさび平小屋に泊まるというのだ。

コースタイムを計算してみたら 8時間半ほど。つまり朝6時に小屋を出ればわさび平小屋まで 2時半に着ける計算だ。
お昼や休憩に1時間使っても3時半。無理な計画ではない。

この計画の一番いい点は、今日中に麓のわさび平小屋まで下りてしまうことができること。
明日はバス停まで林道を 1時間歩くだけだ。雨でも関係ない。
悪くない計画だ。

ただ私はすでに前日双六岳に登っている。「また同じ山に登るのか」という思いがある。
それにわさび平小屋にしたって一度泊まっている。「また同じ山小屋に泊まるのか」になってしまう・・・。

結局私は、とりあえず弓折(ゆみおり)乗越に進むことにした。笠ヶ岳に進むにしても今日中に下山してしまうにしても、弓折乗越までは同じなわけだから・・・。

c0196928_611117.jpg

というわけで5時45分、親切な女性スタッフに写真を1枚写してもらったあと、双六小屋を出発。

もう外はご覧のように普通に明るかった。

そういえばいつの間にかご来光の時間を終えていたわけで、今回ここまで一度も夕景もご来光も写せてないなあ・・・。

c0196928_6112148.jpg

というわけでまずは弓折乗越目指して歩いていく。

風がかなり冷たかった。それでも「そのうち暖かくなってくるだろう」とスウェット・フルジップパーカーは着ずにユニクロのコーデュロイ・シャツだけにしていたから余計寒さを感じた。

c0196928_6113232.jpg

テント場の脇を歩く。今日もテント場はひっそりとした印象だった。
実際かなりしっかりとした防寒対策をしてないと、もうテントじゃ寒いだろうなあ。

もうすっかり北アルプスは秋の気配ですよ。

c0196928_6114454.jpg

私の前を、そのテント泊装備の若い男性ハイカーが 3人歩いていた。

彼らがいいペースを作ってくれていた。朝一の出だしは苦手なくせに、妙にハイペースで歩いてしまうところがあるからね、私は。

c0196928_6115455.jpg

トリカブトが朝露にしっとりと濡れていたっけ・・・。

c0196928_612498.jpg

後ろを振り返ると、左手に双六岳がそのなだらかな山容を見せていた。
本当に丸っこい山ですね・・・。

それとこの写真で、私がまだ山の陰にいることが分かると思う。だから寒いのだ。

c0196928_6121443.jpg

6時6分(双六小屋から歩き始めること 21分後)、ちょっとした潅木地帯を抜けると正面に荒々しい山並みが見えてきた。

おお!ひょっとしてあれは!!!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-10-13 06:12 | 北アルプスなど高山 | Comments(4)
Commented by hiro at 2013-10-13 07:38 x
初めまして、こんにちは。
双六シリーズ楽しく拝見しています。
私は先日穂高から笠ヶ岳を望みましたがとても姿の良い山ですね。
次の展開を楽しみにしています。
Commented by JunMorosawA at 2013-10-13 08:51
hiroさん、初めまして。

> 双六シリーズ楽しく拝見しています。

ありがとうございます。ちょっと今年は正直、地味なのですが・・・。

> 私は先日穂高から笠ヶ岳を望みましたがとても姿の良い山ですね。

だのに肝心の私はちゃんと笠ヶ岳の姿を見てなかったりして(苦笑)。

> 次の展開を楽しみにしています。

ますます地味になってしまうのですが、よろしくお付き合いください。
Commented by 山バカ夫婦 at 2013-10-13 09:20 x
おっ!この日は最高の天気ですね。
弓折乗越でどうするか、まよったんじゃないですか。
我々は暴風雨でしたが翌日がまあまあの天気だったんで
強行しましたが・・・
でも、行きと帰りの景色じゃ違うのが山の面白さですね。
Commented by JunMorosawA at 2013-10-13 20:49
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> おっ!この日は最高の天気ですね。

分かりましたか。まさに雲ひとつない青空でした♪

> 弓折乗越でどうするか、まよったんじゃないですか。

本当にねえ。迷ったというか、今年はちょっと根性がなかったかも・・・。

> 我々は暴風雨でしたが翌日がまあまあの天気だったんで強行しましたが・・・

本当、そうありたかったです。

> でも、行きと帰りの景色じゃ違うのが山の面白さですね。

でも確かにいい面もありましたよ。それをお楽しみください。


<< 北アルプス・双六岳登山記 その35      北アルプス・双六岳登山記 その33 >>