2013年 10月 08日
北アルプス・双六岳登山記 その29
c0196928_7521110.jpg

私は毎朝、地元北鎌倉にある源氏山という低山までウォーキングに出かけています。
で、時にはこんな低山とは思えない幻想的な写真が撮れることがあります(まさに今朝の写真ですよ!)。

こうしてみると我が北鎌倉は、やっぱり山の中だなあ・・・。

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。ありがたいことにこの数日、3~5位をきわどくもキープ。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

さて、虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、北アルプス!

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、どーしようもない虚弱体質の中年男が北アルプスは双六岳(+笠ヶ岳?)に挑む。

新穂高温泉から 1時間20分ほどの場所にある山小屋「わさび平小屋」で一晩を過ごした私は、8月28日、遂に登山を開始。
鏡平、弓折乗越を経て双六小屋に到着した私は、双六岳を目指す決心をする。



双六岳目指して

c0196928_7525795.jpg

というわけで1時40分、双六岳に向けて登山開始。

c0196928_753848.jpg

いきなりの急登にちょっとビビる。ご覧のようにハイマツの間を登っていく感じだ。

登り始めてすぐに「やっぱり麓から双六小屋まで登って、更に・・・っていうのはしんどかったかなあ」と思い始めた。

c0196928_7532234.jpg

登り始めて 10分もすると双六小屋が下に小さく見えるようになる。「余裕があったら登ろうかな」と思っていた樅沢岳(もみさわだけ)への登山道もくっきりと見えたが、その先は雲の中だ。

c0196928_7533117.jpg

1時57分(双六小屋から歩き始めること 17分後)、三俣蓮華岳(みつまたれんげだけ)への巻き道に出会うが、もちろんここは双六岳山頂ルートを選ぶ。

c0196928_7534263.jpg

更に 3分後の 2時ジャスト、中道(ちゅうどう)分岐に出るが、ここも素直に双六岳山頂を選ぶ。

c0196928_7535483.jpg

中道分岐から10分ほど歩くと、道がにわかにかなり険しくなってきた。ここで出会ったハイカーが「バテて、少しひざに来ている」と話していたっけ。

実際このあたりは、わさび平小屋から登り出して以来初めて、両手両足を使わないと歩けないほどのしんどい道だった。初めてここで手にぶら下げていたカメラをザックに収めたほどだ。

帰りはお中道を歩こう。お中道は道がなだらかなはずだ(花の季節ならば素晴らしいお花畑になっているらしいし)。
確かそんな話を「バテてひざに来ている」と私に訴えたハイカーともしたような気がする。

c0196928_754478.jpg

もっともそれも一時(いっとき)のこと。今度は突如平らな道になる。

これがまたびっくり。「何で山頂直下にこんなに真っ平らな場所があるのだろう」ってところなのだ。

c0196928_7541743.jpg

振り返ればそこに槍ヶ岳などが見えているはずだった。
しかしこのときり、ガスで何も見えやしない。

このとき ICレコーダーで録音した内容を・・・。

「いやあ、これはバテてます。ああ。双六は厳しいです。これはきつい。でもまだ気力がないわけじゃない。病的な疲労じゃない。じゃあ・・・」

やはり麓から稜線までの登山+双六岳直登っていうのが少しこたえていたようだ。

と同時に、このときの私、明らかにちょっとしたクライマーズ・ハイ状態になっていた。

ここはそれだけの場所だったのだ。

c0196928_7543115.jpg

それはともかく、なかなか山頂に到達しない。思わず正面から下りてきた若い登山者に「山頂はまだですか?」と尋ねたら「10分ぐらいじゃないですか」という返事があった。

その10分がひたすら長く感じだ。行けども行けどもたどり着けない感じだ。

双六岳までがこんなにきついとは思わなかったよ・・・。

c0196928_7543943.jpg

どうよ。今度こそ山頂かな?あそこが山頂であってほしい・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-10-08 07:55 | 北アルプスなど高山 | Comments(2)
Commented by 山バカ夫婦 at 2013-10-08 08:49 x
天気がイマイチすぐれませんね。
翌日に期待します。
Commented by JunMorosawA at 2013-10-08 18:26
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> 天気がイマイチすぐれませんね。翌日に期待します。

期待してください。それだけの日でした♪


<< 北アルプス・双六岳登山記 その30      北アルプス・双六岳登山記 その28 >>