2013年 09月 18日
北アルプス・双六岳登山記 その9
朝晩びっくりするほど涼しくなってきましたね。最早半袖ではいられないほどに。

昨日は百名山の一つの筑波山に行ってきました。6年ぶりです。筑波山は最も簡単に登れる百名山ですね。

台風の影響で土砂崩れがあって奇岩・怪石コースが通行止め・・・とかバスを降りたときに言われてしまってビビりましたが、結果的には歩けました。

いろいろな出会いがあって楽しかったですよ。
この連載が終わったから書こうかなあ。まあ秋が終わってしまいそうだけれども・・・。

さて、虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、北アルプス!
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。ありがたいことにこの数日かろうじてベスト10に入っています。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が北アルプスは双六岳(+笠ヶ岳?)に挑む。

いよいよ松本に到着。鬼門のバスに乗る。




鬼門のバスに乗る

c0196928_745665.jpg

2時間4分の乗車を終え、10時41分、遂に松本駅に到着。到着予定時間は 10時38分だったのだから、3分遅れの到着となった。

長いバスの乗車に備えてトイレに入るも、出たのは小だけでやっぱり便意は催さない。
もう諦めるしかないね。また便秘になるんだろうか、山行(さんこう)中。

c0196928_7451966.jpg

改札を出たら「お城口」である東口に進む。
これから松本バスターミナルに向かうわけだが、YouTubeで「松本駅から松本バスターミナルへの行き方動画」っていう変なのを見ているし(今は何でもあるよなあ)、松本駅周辺の地図もプリントしてあったから、何の心配もなかった。

c0196928_7452933.jpg

駅は3階に当たっているから、エスカレーターで下に下りる。するともうすぐに「松本バスターミナル」を示す案内があった。

c0196928_7454096.jpg

外は日差しがかなり強かった。だけど湿度はそんなに高くない印象だった。
駅前もバスやタクシーの乗り場になっている。もうその乗り場越しに「ALPICO バスターミナル」の文字のある建物が見えていた。

c0196928_7455241.jpg

振り返ってこれが松本駅。
松本駅は、長野県松本市深志一丁目にある、JR東日本・アルピコ交通の共同使用駅だが、駅を管轄しているのは JR東日本だそうだ。

電車としては、JR東日本の篠ノ井線と大糸線、アルピコ交通の上高地線が乗り入れている。
2011年度の一日平均乗車人員は 15,367人で長野県内では長野駅に次ぐ第2位にランクされているそうだ。

c0196928_746347.jpg

そしてこちらが ALPICO の松本バスターミナル。「駅から5分」という事前の情報どおりって感じです。

ちなみにこの松本バスターミナルは、長野県で鉄道・バス事業を中心に営む会社アルピコ交通のバス交通網の拠点となっている。そのわりにはこうして鉄道の松本駅とは建物としてはつながっていないのが不便なところか。

c0196928_7461781.jpg

横断歩道を渡って松本バスターミナルの中に入っていったのが 10時50分(トイレに行ってたりしたからね)。

すぐにカウンターが現れた。職員は 3人いた。
お客さんの方は、やはり私と同じような登山客っぽい人が多かった。

c0196928_7463856.jpg

さて、私はこれから登山の起点になる新穂高温泉まで向かうのだが、私の乗ろうとしていた 11時5分発のバスは直通バスではなく、少し手前の平湯温泉までしか行かないバスだった。そこから新穂高温泉行きのバスに乗り換えなければならなかったのだ。

それでも乗車券は新穂高温泉まで買えるだろうと思っていたのに、意外にも平湯温泉までしか買えなかった。

へえ・・・。

ちなみに平湯温泉まででも 2,300円。結構します。

c0196928_7471745.jpg

カウンターの奥に進むとそこがビルの 1階にあるバスターミナルだった。

c0196928_7472853.jpg

乗り場は10番の「平湯温泉経由高山方面行き」。

つまり私が乗ろうとしているバスは、平湯温泉を経由して飛騨高山まで行ってしまうバスなのです。うっかり寝過ごしたりしたら大変ですね。

c0196928_7473878.jpg

11時ジャストにバスがやってきた。運転手が降りてきて、バスのサイドにある荷物置き場を開ける。
ただ別にザックは手元に持っていてもいいってことだった。そんなに混みそうもなかったからだろう。

さて、途中で平湯温泉で乗り換えるとはいえ、これから新穂高温泉まで 2時間を超えるバスの乗車が始まる。

今年の私にとってバスは鬼門だった。東戸塚駅からバスに乗ったとき、気分を悪くした「事件」を忘れることができない。

無事に新穂高温泉まで辿り着けるだろうか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-09-18 07:50 | 北アルプスなど高山 | Comments(4)
Commented by 山バカ夫婦 at 2013-09-18 09:17 x
バス乗り場が判りにくい。デパートの中でうろつく・・・
1度経験すればわかるんですが・・・平湯温泉で乗り換え、
懐かしいなぁー平湯温泉(バス・ステーション)で待ち時間でい
ろいろ買い食いしました。
平湯温泉からのバスからの景色が情緒がある。あっ!先走って吸いません。
あとレポ楽しみです。
Commented by JunMorosawA at 2013-09-18 18:09
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> バス乗り場が判りにくい。デパートの中でうろつく・・・

なるほど。何故か私は迷わず分かりました。YouTubeの動画のせいかもしれません。いい時代です。

> 平湯温泉で乗り換え、懐かしいなぁー

そういえば山バカ夫婦さんも同じコースを歩かれたんですね。
そのときのレポを見てみたいなあ・・・。

> 平湯温泉(バス・ステーション)で待ち時間でいろいろ買い食いしました。

じつはこれ、帰りはやっています(笑)。
帰りまで、いったい全部で何話になるんだろう・・・。
Commented by アルペジロー at 2013-09-18 23:35 x
いよいよ9話まで来ましたね。1球投げるのに何話も費やす巨人の星を思い出してしまいました。
いや、冗談です。じっくりと楽しませてもらっています。

> 朝晩びっくりするほど涼しくなってきましたね。最早半袖ではいられないほどに。

私は暑がりなのか、まだ半袖でないといられないです^^;

ところで私は子供の頃はよく車酔いしていましたが、なぜかバスは大丈夫でした。
だから遠足などの時のプレッシャーは全くなかったです。
そして車が小さいほど酔い易いんだと勝手に思っていました。

さて、鬼門のバス乗車の結果やいかに!
Commented by JunMorosawA at 2013-09-19 07:46
アルペジローさん、こんにちは。

>1球投げるのに何話も費やす巨人の星を思い出してしまいました。

いやあ、申し訳ない!他の人にも言われたけれど、まあ私にとっては年に一度の行事なので、まあじっくりいきます(笑)。

> 私は暑がりなのか、まだ半袖でないといられないです^^;

それはきっと肉付きがいいから(笑)。私の場合、骨と皮ですからねえ・・・。

> 子供の頃はよく車酔いしていましたが、なぜかバスは大丈夫でした。

それは不思議だ。

> そして車が小さいほど酔い易いんだと勝手に思っていました。

結局そういう思いこみなんでしょうねえ。私は逆に軽自動車のような小さい車は全然平気でしたから。

> さて、鬼門のバス乗車の結果やいかに!

乞うご期待;


<< 北アルプス・双六岳登山記 その10      北アルプス・双六岳登山記 その8 >>