2013年 09月 14日
北アルプス・双六岳登山記 その5
皆さん、こんにちは。虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、北アルプス!

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。まだ現在は20位ほど。 現在の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、どーしようもない虚弱体質の中年男が北アルプスは双六岳(+笠ヶ岳?)に挑む。

遂に決行前日を迎えた・・・。




決行前夜

c0196928_7393649.jpg

8月26日(月曜)、決行前日。夜6時半になって、やっと本格的に準備を始める。

7時過ぎにやっとオスプレー・ケストレル38 に手を触れる。使用するのは実に 1年ぶりです(低山歩きのときには一回り小さいデイパックを使っているから)。

もう高山植物の季節は終わっているってことで三脚は悩んだ。
それでも一応持っていくことにした。まだ一度も練習してないけれども、タイムラプス撮影(インターバル撮影)をやってみたいと思ったからだ。

オスプレー・ケストレル38 は 1気室で部屋が分かれてないから、とにかく順に突っ込んでいくしかない。

まずは水筒のプラティパス・ソフトボトルを背中のところに突っ込む。ちなみにまだ水入れてません。明日はたいして歩かないからね。

で、本体の一番下に防寒具のスウェット・フルジップパーカーを入れ、その上にレインウェアを入れた。パーカーの方が使用頻度が高いと思ったからだ(ケストレル38 は底からもアクセスできるため)。

その上に、リプトン・リモーネ・アイスレモンティー 2本と折り畳み式の傘を入れた。
紅茶 2本で 1kgにもなってしまうわけだが、私には紅茶が必需品ってことで、思い切って 2本持っていくことにした。

更に、着替えのためのシャツとパンツ、ワッチキャップを入れた。ワッチキャップは山小屋内で使うつもり。

更に、私にとってのある意味の主食、ウイダーinゼリー エネルギー(3個)とアミノバイタルウォーター(粉)を入れた。こういうものが案外重たい。

それに、毎年思うのだが、それぞれレジ袋に入れているとはいえ、バラバラっぽくてちょっと考えものです。

更にその上に、タオル2枚と、小さなサイドバッグのようなバックを乗せた。そこに薬や絆創膏、小さいハサミなどが入っている。

で、一番上にお菓子類を入れた。去年までは天蓋に入れていたんだけれども、そこだと入り切らないだろうと思ったためです。

c0196928_7394915.jpg

そして内側の天蓋に、ケータイ、カメラのバッテリー、ヘッドライトを入れた。
外側の天蓋には「いつでも取り出せるように」とマクロレンズを入れておいた。

せっかくモンベルで買ったコンパクトスノースパイクは、もう 8月も末ってことで必要ないから入れなかった。もったいないなあ。

で、サイドの片方にモンベルのNEWストックを、もう片方に最初に書いた三脚(ベルボン ULTRA MAXi SF)を入れた。
ストック側には南アルプスの天然水(500ml)も突っ込んでおいた。

外側の大きなポケットにはダイソーで買ったブナの木温度計、各種のプリントものが入った A5クリアケース、文庫本を入れた。

この時点で重さは 9kg。
まあ 500mlのペットが 3本入っているのだから仕方ないとはいえ、結構重たいね。

気になったのは、そのときついでに自分の体重も測ったら、何と 54kgより更に少ない 53.5kgだったこと・・・。
数字を知った途端に急に怖くなってきたよ。これで山に登る体力があるんだろうか・・・。

c0196928_740114.jpg

2011年7月に好日山荘で買って以来、まだこのザックは過去 2回しか使ってない。
すなわち、夏の北アルプス登山(常念山脈縦走&白馬三山縦走)にしか使っていないのだ。

だからすっかり正式な背負い方を忘れてしまっていた。
そこで情けなくもネットで背負い方をざっと復習。

まず最初にすべてのベルトを緩めることから始める。
で、まずはウエストベルトを締め、次にショルダーベルトを引いてザックのぐらつきをなくし、チェストベルトを締めるか・・・。
そして最後にトップスタピライザー(トップベルト)でザックを背中に密着させる・・・って、トップスタピライザーって何処にあるんだ!

と、いろいろ悩んでしまったけど、何とかなりました。

準備は8時20分ぐらいまでかかった。案外ぎりぎりだ。
最後に財布から余計なカード類を出し、代わりにお金を千円札 20枚を含めて 10万入れた(こんなには使わないとは思うけれど)。

案外乗車券を入れ忘れそうになってあせったよ。

c0196928_7401327.jpg

最後に北アルプス方面の天気を確認。

おお!29日(木曜)が「曇か霧のち雨」から「晴時々曇か霧」に変わった!
最後の30日(金曜)は相変わらずながら、縦走の日が晴れたのは嬉しい!

これで「よし」としましょう!

というわけで 9時半には床に就いた。
私は山ではあまりよく眠れない。せめて今晩ぐらい、ぐっすり眠れるといい・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-09-14 07:42 | 北アルプスなど高山 | Comments(4)
Commented by 山バカ夫婦 at 2013-09-14 11:15 x
まだ、この時期は天気予報はコロコロ変わりました。
良く変わってくれれば良いのですが・・・
小屋ではよく眠れる時とそうでない時がありますよね。イビキとか?
Commented by JunMorosawA at 2013-09-14 18:00
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> まだ、この時期は天気予報はコロコロ変わりました。

本当ですね。妙に梅雨明けが早かったからと思ったら、ゲリラ豪雨とか竜巻とか。今年の夏は変でしたね。

> 小屋ではよく眠れる時とそうでない時がありますよね。イビキとか?

いや、私は「枕が変わると眠れないタイプ」らしく、静かでも駄目みたいです。
最近じゃもう寝るのはあきらめています(苦笑)。
Commented by Piccoli at 2013-09-20 22:00 x
>せっかくモンベルで買ったコンパクトスノースパイクは、もう 8月も末ってことで必要ないから入れなかった。もったいないなあ。

うーんこれはもう12月に雪降ったら塔の岳か鍋割山行くしかないですね!
Commented by JunMorosawA at 2013-09-21 18:00
Piccoliさん、こんにちは。

> > せっかくモンベルで買ったコンパクトスノースパイク

> うーんこれはもう12月に雪降ったら塔の岳か鍋割山行くしかないですね!

雪の塔ノ岳って、もう4~5年行ってないから、本当に今年(来年)は行ってみようかなあ!
ただ軽アイゼンだから、塔ノ岳より先は危なそうですね。


<< 北アルプス・双六岳登山記 その6      北アルプス・双六岳登山記 その4 >>