2013年 04月 12日
稜線の桜並木を求めて、再び高尾山へ
前回までスミレを求めて高尾山を目指した「高尾山スミレ探しの旅」を連載していました。

その旅をしたのは 3月25日。今年は桜の開花が異常に早かったから、麓ではもう桜が満開になっていた時期だけれども、稜線上はまだ桜の花は一輪も咲いていなかった。

ところが 4月6日の日、高尾ビジターセンターのホームページにこんな情報が掲載されていた。

     高尾山頂のヤマザクラは昨日(5日のこと)の暖かさで開花が一気に進みました。場所により満開です

5日で開花が一気に進んで場所により満開になったのなら、私の次の休みである 8日にはちょうど見頃を向かえていることだろう。
その 8日の予報は快晴だった。

今年は地元の桜のピークと快晴が一致しないで悔しい思いをした。
たまには高尾山で桜を満喫してみるか。

というわけで、再び私の足は高尾山に向かったのであった・・・。




c0196928_7321351.jpg

というわけで私が降り立ったのは、前回と全く同じ日影バス停。高尾駅の北口から発車しているバスだ。

この写真を見てもこの日の快晴ぶりが分かると思う。そのせいでバスはラッシュアワー並みの混雑だった。

c0196928_7322520.jpg

土日が春の嵐に見舞われたせいだろう、日影沢林道の一部が川のようになっていた。

c0196928_7323644.jpg

わざわざ今回も日影沢林道から城山を目指したのは、前回(2週間前)のとき、思ったほどのスミレと出会えなかったからだ。

流石に 2週間分季節が進んだせいで、前回は一度もお目にかかれなかった高尾山の固有種のタカオスミレにいくつも遭遇することができた。
こげ茶色の葉っぱが特徴的です。

c0196928_7324736.jpg

そして白い色に気品を感じるマルバスミレにも出会うことができた。これも 2週間前には全く咲いてなかったっけ・・・。

一方では前回見られたコスミレにはほとんど会えなかった。スミレの花期も短いものですね・・・。

c0196928_7325619.jpg

それにしても、時々霧雨に見舞われた前回とは違ってこの日は紺碧の青空だった。
前回のとき、吐く息が白かったのがウソのような好天だ。

c0196928_733727.jpg

10時5分、城山山頂に到着。

城山山頂にも何本か桜が植わっている。
しかしどうだろう。まだ満開じゃないみたいですねえ。城山は高尾山よりも標高が高いから、そのせいかもしれない。

c0196928_7331828.jpg

それよりも驚いたのがこの眺望! まるで真冬のようにくっきりと富士山や丹沢山塊が見えていた。

4月でこれだけくっきりと見えるのはマレだ。
土日の春の嵐のせいで濁った空気が吹き飛ばされたせいかもしれない。

ちなみに空の左側にポツポツと丸いシミがあるのが分かりますか?
撮像素子に付いたゴミですね。あまりの天候のよさにプログラムオートだと絞られ過ぎてしまって見えてしまったのです。

c0196928_7332824.jpg

山頂で地味なお昼を食べていたら・・・。

c0196928_7333980.jpg

エサを求めて野良猫が「にゃ~」と近づいてきた。ハイカーのエサだけで食いつないでいるのかな、こいつは。

さて、後編はいよいよ城山→高尾山間の稜線歩きです。稜線の桜はどうだろう?

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-04-12 07:34 | 山歩き&花 | Comments(2)
Commented by 山バカ夫婦 at 2013-04-12 21:21 x
城山の桜も少ないですね。
先日、大月の人に聞いたら今年は
蕾の数が少ないとのことでしたよ。
一丁平付近の桜はどうだったんですかね。
後編楽しみです。
Commented by JunMorosawA at 2013-04-13 17:51
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> 城山の桜も少ないですね。
> 先日、大月の人に聞いたら今年は蕾の数が少ないとのことでしたよ。

やはりそうですか。
春の嵐のせいかなあ。ちょうどピークの時に荒れましたからね。

> 一丁平付近の桜はどうだったんですかね。
> 後編楽しみです。

まあ山バカ夫婦さんの予想通りになると思います(笑)。


<< 稜線の桜並木を求めて、再び高尾...      ちょっぴり残念な、高尾山スミレ... >>