2013年 04月 05日
ちょっぴり残念な、高尾山スミレ探しの旅 その4
c0196928_754415.jpg

春の嵐のせいで桜はすっかりと散ってしまったけれども、一方春の野の花の全盛期になってしましたね。

ご覧の花はショカツサイ。JR横須賀線の線路沿いの土手などに、一斉に花開いています。うちの庭にも勝手に生えているんですよ。

さて、今回はスミレを求めて高尾山を目指した高尾山スミレ探しの旅の 3回目です。
ゆったりとどうぞ。




c0196928_7545623.jpg

8時24分に日影バス停から歩き始めること 1時間4分後の 9時28分、車止めのゲートのある場所に到着。
だいたいここが日影沢林道の中間点といったところ。

しかしこの 1時間の間に出会ったスミレの数は極端に少ない。
もう可能性がないのでは・・・。

c0196928_755788.jpg

と落胆していたら、ゲートを越えてすぐ、このコスミレが現れた。
コスミレという名前のわりには別にそんなに小さくもなく、ごく普通の平均的なスミレの大きさをしている。花の色もタチツボスミレにそっくりだ。

ただ花の中にやや青い脈が目立つ。
タチツボスミレとの大きな違いは、丸いハート型をしているタチツボスミレと違って、葉っぱがこのように長卵形をしていて細長い点だ。

c0196928_7551895.jpg

ちなみにこちらがタチツボスミレ。
ね?葉っぱが丸いハート型をしているでしょう?

鎌倉に咲いているスミレの 90% はこのタチツボスミレだったりします。
一方コスミレは鎌倉にはマレにしかない。

c0196928_7552829.jpg

そのうちエイザンスミレやニオイタチツボスミレ、オカスミレなどが少量とはいえ現れ始めた。

この濃い紫色のスミレがオカスミレ。
パソコンのモニタでは微妙だが、これが本来のすみれ色だ。

これで全身に毛が多いとアカネスミレになる。いずれもやや小さめのスミレで、こっちこそコスミレと言いたくなる。

しかし何故標高が上がったあとにスミレが増え始めるのだろう?ちょっと不思議だ。日当たりの関係かな?

c0196928_7554271.jpg

9時50分頃、左側が伐採されて展望がよくなった地点に到達。

この少し前あたりからガスが立ち込め始めていた。だから展望はゼロである。
むしろ雨が降らないだけマシか・・・。

c0196928_7555393.jpg

10時5分、城山山頂に到着。

いくらまだ時間が早いとはいえ、驚いたことに城山山頂に沢山設置されているベンチには全く人影がなかった。こんなのは極めて珍しい。

天候が悪いとこんなものなんだろうか・・・。

c0196928_756464.jpg

コンビニで買ったおにぎりを食べる。
うまい。

でもいくら少食の私でもおにぎり 1つでは流石に少し足りなかった。
考えてみると朝も肉まん 1つだけだったしなあ(林道の途中でコーヒーブッセというのを食べてはいるが)。

これは下山後に蕎麦処の高橋屋に寄ることになるかな?

c0196928_7561372.jpg

そのうち城山山頂もすっぽりとガスに包まれ始めた。
ベンチでじっとしていると少し寒い。

これは早めに下山した方がよさそうだな・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2013-04-05 07:57 | 山歩き&花 | Comments(0)


<< ちょっぴり残念な、高尾山スミレ...      ちょっぴり残念な、高尾山スミレ... >>