2012年 09月 18日
白馬三山縦走記 装備編
長い間「白馬三山縦走記」にお付き合いくださいましてありがとうございました。毎日 200人以上の人にご訪問をいただいたことを感謝いたします。

また今後は地味なブログに戻るに違いありませんが、その前にいくつか「こぼれ話」をお届けしたいと思います。

まずは装備編です。




c0196928_1773377.jpg

装備とはいっても、去年はザック(オスプレー・ケストレル38)や靴(モンベル・ワオナブーツ)などを登山前に買ったのに対し、今年は特に高いものは何も購入しなかった。
それでなくても私はお洒落には無縁だから、登山ファッションなどにお金かけないし・・・。

唯一購入したのがこの帽子。
好日山荘で「Berghaus(バーグハウス) Side snap hat Mサイズ(3,990円)」というのをわりと登山直前に購入した。

今回はものすごく天候がよかったため、まさに必須のアイテムだった。
一応 H2OFF という撥水・透湿素材を使っているようで、実際通気性なども以前スーパーで買ったものよりずっとよかった。

c0196928_1774477.jpg

一方全体的にはどうかと言いと、靴はワオナブーツで、ズボン(パンツ)はライトトレッキングパンツと共にモンベルで決めているのに対し、上半身は、ドライメッシュVネックTシャツ、フランネルチェックシャツ(長袖)、黒の格子柄のフリース共にすべてユニクロ。

要するに下半身は「モンベルマン」で上半身は「ユニクロマン」だったりしている。
もうちょっと上半身の方も何とかしたい気もする。

c0196928_1775654.jpg

装備といえば、今回意地でも持っていったのがこの三脚。

去年は三脚がなかったためにいくつかの花の撮影に失敗していて、「しまった!持ってくるべきだった!」と現地で悔やみ続けたからだ。

ところが結果的に書くと・・・今回一度も使わなかった。
まあこんなもんです。普段箱根あたりに行くときでも使わないことの方が多い。

多いけれども、あって助かったケースもいくつもある。だから次回も持っていきます。
まあヘビー級カメラマン氏が持ってきていた馬鹿でかい三脚に比べればかわいいものだし・・・。

c0196928_178665.jpg

撮影用の装備としてはこんなものも持っていきましたよ。折り畳み式の傘です。これで直射日光を防いで光をソフトにするのです。

こっちはまあ数回は使いました。
ただ風の強い稜線上だと、何処かに飛んでいってしまいそうで怖い。

それでも、いざというとき、雨傘としても使えるという利点もあるし、私にとっては必携品です。

c0196928_1781652.jpg

一方こちらのハイドレーション・システムは、今年もいいのか悪いのか、とうとうよく分からなかった。

そりゃあ、一々水筒やペットボトルを出さなくても飲めるこのシステムは偉大ではある。
しかし案外強く吸わないと水が出てこないのと、一度に出てくる量がやや少ないのが気になった。

あと、何故かこいつで水を飲むとおいしく感じられなかった(特に後半)。まさか雑菌が発生していた・・・なんてことはないとは思うのだけれども・・・。

c0196928_1782798.jpg

一方メインのカメラはパナソニックの LUMIX DMC-G1。いわゆるミラーレス一眼っていうジャンルのカメラで、簡単に言ってしまうと、コンパクト・デジカメと一眼レフカメラの中間的な存在。
最近オリンパスのペンなどもよく売れていて、ミラーレス一眼がちょっとした流行(やはり)になっていますね。

しかし購入したのは 2008年12月なので、もうそろそろ 4年が経とうとしている。
その間にこのシリーズも、G1 → G2 → G3 と次々に新製品が出て、とうとう先日 G5 が発売された(縁起が悪いせいか、G4 というカメラはない)。

本当はカメラとしてはオリンパスの OM-D E-M5 に強く惹かれているのだが、

     ◎ちょっと価格が高すぎるだろう(なかなか安くならないのです)
     ◎フラッシュが内蔵されてないのは不便だろう(G5は内蔵されている)
     ◎イマドキ起動に 3秒かかるなんて遅すぎるだろう(初代の Kiss D だって2秒だったのに)
     ◎動画が AVCHD じゃないっていうのは不便だろう(ブルーレイ・レコーダーにダイレクトに読み込ませることが出来ない)
     ◎コンパクトにさせすぎたせいか、ちょっと持ちにくいだろう(手でずっと持ち続ける際に不便)

などの欠点もあるため、 G5 で落ち着きそうだ。

先代の G3 は、それこそコンパクトにさせすぎたせいか持ちにくい印象があったのだが(何でもかんでも小さくすればいいってもんじゃないと思う)、G5 はグリップもしっかりとしていてそのあたりが大きく改善されているのだ。

その他にも G1 で致命的な欠点だと思っていた部分がいくつか改善されている。その結果、OM-D E-M5 のような画期的にすげえカメラっていう気はしないものの、地味にいいカメラに仕上がっている。

というわけでメインのカメラが久しぶりに変わりそうです♪
ただ、いつも山に持っていくため、すぐに傷だらけの人生になりそうです。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-09-18 17:09 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 白馬三山縦走記 高山植物編      白馬三山縦走記 その41 >>