2012年 09月 02日
白馬三山縦走記 その26
身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が、白馬三山縦走に挑む!

7月27日(金曜)、遂に白馬山荘を出発。悪天候の下(もと)、白馬三山の縦走が始った。




ガスの中を・・・

c0196928_17253224.jpg

というわけで、ほとんど何も見えない状態で縦走が始まった。

進行方向右手(富山県側)から強い風が吹いていた。湿気をたっぷりと含んだ風で、そのせいでメガネのレンズにびっしりと水滴が付いてしまう。
それも主に右側のレンズにだけ付くのが面白かった。こんなの普通じゃ経験できないでっせ。

c0196928_17254383.jpg

ハクサンイチゲが風のせいで乱舞していた。
これじゃ撮影どころじゃないな。

登山のメインは「登る日」でもなければ「下る日」でもない。「縦走する日」だろう。
そんな「縦走する日」がこんな日に当たってしまって私は落胆していたのか・・・。

特にそんなことはなかった気がする。それより無事このコースを乗り越えられるか、「必死」だったのだろう、きっと。

c0196928_17255548.jpg

チシマギキョウも風に揺れていた。

チシマギキョウ(千島桔梗)はキキョウ科ホタルブクロ属に属す多年草。北アルプスの全山域の亜高山帯から高山帯の岩場の割れ目や風衝草原に生える(要するに厳しい環境を好む)。

イワギキョウに似るが、イワギキョウよりもやや大きく(花冠の長さは3~3.5cm)、花弁に長い毛があるのが特徴だ。
その毛が濡れて光っている。

なかなかいいな。ただ相変わらずのガスのせいでメガネだけじゃなくカメラのファインダーも曇る。一々ティッシュで拭き取るのが大変だった。

c0196928_1726592.jpg

おっと、今度はクルマユリだ。こちらもしっとりと濡れていて美しい!
風が収まるまで待とう。どうせ今日は売りたいほど時間があるのだから。

クルマユリ(車百合)という名は、茎の中ほどに葉が5~20枚ほど輪状につくのを車の車輪に見立てたもの。
初めて出合ったのは富士山の須走口だったっけなあ・・・。

・・・って、結構こんな環境の中での撮影を私は楽しんでいたようだ。

c0196928_17261547.jpg

それに私には “仲間” がいた。
ほら、いつの間にか、こんな小さな子が私と一緒に歩いていた。どうやら 2人は兄弟のようだ。

このことが随分私を安心させた。和ませた。「こんな子たちが普通に歩いているんだ。危険はない」と・・・。

他にもお母さんとおじいちゃんが一緒のようだった。

c0196928_17262590.jpg

6時37分、ちょっとガスが薄くなっていたときに、左下にあの白馬大雪渓が見えてきた。
登っている登山客の姿もはっきりと確認できた。へえ、こんな場所から見えるんだ!

先程の子の女の子の方に、

「ほら、あそこ、人が歩いているでしょう?おじさん、あそこを歩いたんだよ」と教えると、「あっ、きのう歩いた」と言ってきた。

「本当?怖くなかった?」
「なかった。おじいちゃんが遅れてたんだよ」

おお。何とこの子たちも仲間だったとは!よくあそこを乗り切ったなあ。たいしたものだ。

c0196928_17263438.jpg

まだ 6時40分という早い時間なのに、他にも前後に歩いている人たちがいた。やはり白馬三山の縦走は人気コースなのかもしれない。

そして私の中の不安感は、もうほぼ消えていた・・・。

c0196928_17264425.jpg

上の写真からわずか 1分後、ガレた道を下っていたとき、忽然(こつぜん)とガスが切れて目の前に山がくっきりと見えてきた。

あれが目的地の杓子岳(しゃくしだけ)や鑓ヶ岳(やりがたけ)か!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-09-02 17:28 | 山歩き&花 | Comments(2)
Commented by 山バカ夫婦 at 2012-09-02 19:37 x
始まりましたね。我々の好きな稜線歩きが・・・
天気がイマイチのようですが・・・
少しはこういう天気もありですよね。後レポが楽しみです。
Commented by JunMorosawA at 2012-09-03 17:50
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> 始まりましたね。我々の好きな稜線歩きが・・・

そうですね。何たって登山の醍醐味は稜線歩きですね!

> 天気がイマイチのようですが・・・
> 少しはこういう天気もありですよね。後レポが楽しみです。

大丈夫です。このあと復活します!


<< 白馬三山縦走記 その27      白馬三山縦走記 その25 >>