2012年 05月 22日
九鬼山で新緑を楽しむ その4
昨日の金環日食、皆さんはご覧になりましたか?

私の住んでいる鎌倉では朝から完全なる曇天。おまけに小雨まで少しぱらついていた。

これは絶望的・・・と思っていたのだが・・・。

c0196928_753096.jpg

7時36分頃、厚い雲がしばらくの間だけ切れ、見事な金環日食を見ることができた。

雲ごしだったからこそ、特別なメガネなしに見ることができ、特別なフィルターなしに撮影することができた。
僥倖だった・・・。

さて、5月最初の休みの日、山梨県は大月の近くにある九鬼山(くきやま)に登った私。はたして幻のスミレと出合うことができるだろうか・・・。




c0196928_7534426.jpg

稜線上にある弥生峠まで達した私は九鬼山山頂目指して淡々と斜面を登っていった。

上の写真ではぴんと来ないかもしれないが、弥生峠から九鬼山までは結構な急登(きゅうと)が続く。

大変だけれど、新緑が目に染みる。今回特に新緑の素晴らしさを感じた。

c0196928_7534679.jpg

ここで遂にこいつに遭遇!
私にとっては「幻のスミレ」であるヒゴスミレだ。

花の色は白で、中心部が薄っすらと黄緑色をしている。
そして基部が完全に五裂した独特な葉姿からして、疑う余地はない。

私は 2009年のほぼ同時期にこの九鬼山に初めてやってきた。そのとき生まれて初めてヒゴスミレというスミレに出合った。
しかしその後二度とこの山で出合うことはなかった。

それがこうして 3年ぶりに再会できたのだ。興奮しないないわけがない。

c0196928_754737.jpg

花を 1つつけただけの小さな株だったとはいえ、この場所で 3株発見することができた。
しかしこのあと二度と出合うことはなかった・・・。

c0196928_754944.jpg

10時48分、九鬼山山頂に到着。

九鬼山山頂には誰もいなかった。っていうか、あのご夫婦も含めてここまで誰とも会っていない。
そしてとうとう下山するまで誰とも会わなかった。高尾山あたりでは考えられない静かな山行(さんこう)である。

九鬼山山頂からはご覧のように何の展望も得られなかった。そればかりか、おにぎりを食べているうちにまた雨が降り出した。しかも今回のはやや雨脚が強い。

c0196928_7542979.jpg

そんなわけで 10分ほどでもう下山を開始した。

山で雨に降られると、それはしんどい。
しかしこんな風にガスに霞んだ山というのもまたいいものだ。ところどころに山桜が咲いているのがまたよかった。

c0196928_7543039.jpg

今回この新緑が本当に素晴らしかった。こんな天候だったからこそ新緑の素晴らしさをいつも以上に感じられたのかもしれない。

幸い雨はまた途中で小降りになってくれていた。

c0196928_7545115.jpg

このコース唯一の難所って感じの、トラロープの張ってあるザレた斜面に差し掛かる。
ここの新緑も見事だったっけ・・・。

c0196928_755275.jpg

ザレた斜面にはアケボノスミレが沢山咲いていた。
こうやって葉っぱがくるっと丸まっているか、あるいは花期にはまだ葉が展開していないことがあるのが特徴になっている、やや大型のスミレだ。

これだってかつての私には「幻のスミレ」だった。

c0196928_7552728.jpg

雨にしっとりと濡れたヒトリシズカも、またよいですね。

そういえば以前九鬼山で出会った男性が、「これじゃヒトリシズカじゃなくてミンナニギヤカだな」なんて私に言ってたっけ・・・。

c0196928_7553035.jpg

札金沢沿いの林道に下り立つ。
ここでとうとう雨が本降りになってきた。

この日じつは三種の神器のうちの一つの(一番大事とも言われている)レインウェアを入れ忘れていた。山男失格である。

しかし傘なら持っていた。山で傘を使うのは手がふさがってしまって危険だが、林道なら問題ない。
やれやれ、救われたよ・・・。

c0196928_7555252.jpg

林道が終わって街が近づいてくる。正面の高川山あたりはご覧のようにすっぽりと厚い雲に覆われていた。
ざんざん降りに見舞われてもおかしくない天候だったんだな・・・。

そんなわけで、3年ぶりにヒゴスミレと出合うことができたし、新緑の素晴らしさを存分に味わうことができたし、よい山行だった(そういえばこのあと田野倉駅で出会った女性も、同じように新緑の素晴らしさを私に語ってくれたっけ)。

ただ、地元北鎌倉までまた 3時間近く電車に乗るのか。
ちょっとそれがしんどいなあ・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-05-22 07:56 | 山歩き&花 | Comments(4)
Commented by 山バカ夫婦 at 2012-05-22 23:50 x
忘れ物をすると、気になって楽しさが半減しませんか。
でもヒゴスミレに逢えたんですから、良しとしましょう。
雨も待ってくれましたしね。北鎌倉まで3時間ですか・・
結構かかりますね。

Commented by JunMorosawA at 2012-05-23 22:05
山バカ夫婦さん、こんにちは。

> 忘れ物をすると、気になって楽しさが半減しませんか。

おっしゃるとおりですね。うっかりミスです。
三脚とかマクロレンズとか、カメラ関係にばかり気が行っていたようです。

> でもヒゴスミレに逢えたんですから、良しとしましょう。

ヒゴスミレって本当に個体数が少ないですね。結局今回発見できた場所も、3年前と全く同じ場所でした。

> 雨も待ってくれましたしね。北鎌倉まで3時間ですか・・
> 結構かかりますね。

うちからだと奥多摩もだいたいそのくらいですね。
御前山、六ツ石山、川苔山・・・以前は随分歩いたのですが・・・。
Commented by 一坪庵 at 2012-05-23 22:23 x
Junさん今晩は!雨も風情で楽しめば良いんでしょうけどヤッパリ晴れた方が・・・・・・・
金環日食は奇跡の30分で見ることが出来ました。ブログにもUPしましたがほぼ完全な正円を撮る事が出来ました。
次が間に合わないだけに嬉しかったです(笑)
ヒゴスミレの自生は良いですね。むかし鉢で育てていたころ種が庭に飛んで5~6年自生していたことがありました。姉が大切にしていたんですがやはり消えてしまいました。
野のものは野に、山のものは山に置け・・・・・ですね
Commented by JunMorosawA at 2012-05-24 18:39
一坪庵さん、こんにちは。

> 金環日食は奇跡の30分で見ることが出来ました。ブログにもUPしましたがほぼ完全な正円を撮る事が出来ました。

本当に偶然その時間だけ雲が切れたって感じですよねえ。
そういえば皆既日食のときも同じだったような・・・。

> 次が間に合わないだけに嬉しかったです(笑)

それはお互い様です(笑)。

> ヒゴスミレの自生は良いですね。

ですね。しかし個体数はすごく少ないです。
本当はもっと別な場所で見つけたかったですよ。


<< 明神ヶ岳で不思議な野鳥と出合う      九鬼山で新緑を楽しむ その3 >>