2012年 03月 14日
湯河原梅林から幕山に登る その1
今年もすでに 3月。しかもその 3月すらもう半ばが近づいてきている。
だのに私に異常事態が続いていた。

すなわち、ここまで一度も山歩きをしてないのだ。

確かにこの数年、1~3月はロクな登山をしたことがないが、それにしても、1~3月の間にゼロなんていうことはこの 10年近く、ない。

もうそろそろ冬眠から覚めてもいいんじゃないの?

異常といえば、天候の方も異常だった。
2月に入っても、そして 3月に入っても寒い日が続き、梅の花の開花が記録的に遅れていた。普通なら 2月の半ばに満開になる地元東慶寺の梅が未だに咲き切っていないほどだ。

つまり通年よりも 3週間から 1ヶ月近く遅れている。

その梅もやっと5分咲きほどになってきた。
だったら復活のハイキングは梅林絡みで行こうじゃないか。鎌倉よりももっと暖かい場所なら開花が進んでいるはずだ。

というわけで、遂に私は旅立つ決意をした。




c0196928_188481.jpg

3月12日の朝 7時40分頃、JR横須賀線北鎌倉駅に向かう。

ハイキングを絡めた梅林として真っ先に浮かんだのが湯河原梅林だった。湯河原梅林から幕山→南郷山と歩くハイキングコースがあるんだ。

じつは 2005年に一度歩いたことがあるのだが、そのときは 9月だった。梅の開花時期に行くのは初めてだ。

ところでこの日の私は風邪気味だった。思えば去年最後の登山に当たる鍋割山のときにも風邪を引いていた。何だか最近小さい風邪ばかり引いている気がする。

まあだからこそ、「登山」ではない「ハイキング」程度の幕山→南郷山コースがちょうどよかったのだが・・・。

c0196928_189450.jpg

大船から東海道線に乗り換える。最初は朝のラッシュ時間に当たっていて大変な混雑だったけれども、平塚あたりから空いてきて、座席にも座ることができた。

風邪気味だった私はずっとウトウトしていた。
しかし小田原を越えると流石に旅情を感じ始めた。小田原から先は滅多に行かないからだ。

だから席に落ち着かず、何度か立ち上がり、窓の外の景色を写していたりした。
上の写真は根府川駅で写した写真だと思う。

ご覧の通りの快晴。どうやら天候には恵まれそうだ。

c0196928_1891696.jpg

早川→根府川→真鶴と進んでいき、8時55分、湯河原駅に到着。ちょうど大船から 1時間か。
湯河原駅で降りるのは、まさに 2005年のハイキング以来のはずだ。

c0196928_1892886.jpg

湯河原梅林(幕山公園)行きのバス乗り場に向かうと、行列ができていた。20~30人はいただろうか。

しかしご覧のようにすでにバスが停まっていたにもかかわらず、誰も乗ろうとしない。

じつはこのバスは鍛冶屋バス停行きのバスで湯河原梅林までは行かない。みんなは 9時5分発の湯河原梅林行きの臨時直行バスを待っているのだ。

しかし私はあえてこのバスに乗り込んだ。せっかくなんだ。手前の鍛冶屋バス停から歩いて幕山公園に向かおうとしたのだ。2005年のときにもそうしている。

c0196928_1893937.jpg

というわけで9時0分、定時にバスが出発する。

ご覧のようにバスはガラガラ。私以外にはわずか 5人の乗客しか乗っていなかった。ほとんどが地元の人だろう。

バスはまずは一旦小田原方面に戻るように進み、次に「さがみ信用金庫」のある中央四丁目交差点で左折して東海道線の下をくぐる。

すぐに今度は東海道新幹線の下をくぐると、目の前に山がずんずんと広がってくる・・・。

c0196928_1895025.jpg

こうして9時10分、鍛冶屋バス停に到着。運転手に「どうも」と声をかけて外に出る。

ちょっと風が冷たく感じられた。そう感じたってことは風邪を引いている証しなのかもしれない。

すぐ近くにあるのがご覧の五郎神社。あわてる旅じゃないから鳥居をくぐって中に進み、10円奉納して旅の無事を祈った。

残念ながら体調的にはイマイチだが、天候は抜群だった。
ま、久しぶりの山歩きを楽しみましょう・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2012-03-14 18:10 | 山歩き&花 | Comments(0)


<< 湯河原梅林から幕山に登る その2      緊急速報 : やっと 5分咲き... >>