2011年 05月 03日
シルクロードを旅する私・・・
この数年、毎年のように登っている山がある。山梨県の九鬼山(くきやま)という山だ。

c0196928_18492568.jpg

九鬼山は標高970mほどの山で、最寄の駅は富士急行線の禾生(かせい)駅。
たいした標高の山ではないのに魅力を感じているのは、この山が案外野の花の宝庫だからだ。

c0196928_18494058.jpg

例えばこれはヒゴスミレというスミレ。
葉っぱは放射状に五裂し、裂片は更に深く裂けているのが特徴で、私もまだ2度しか出合ったことがない幻のスミレだ。

c0196928_18495174.jpg

他にもこのアケボノスミレがゴロゴロあったり、スミレファンにはたまらない山だ。

で、今年はどうだったかというと・・・。




今年は4月の18日に訪れてみた。まあまあちょうどいい時期のはずだった。

c0196928_18501559.jpg

ところが残念ながら今年はロクな出合いがなかった。どうやら今年は山に春が訪れるのが少し遅れていたようだった。

天候の方もご覧のようにぱっとしなくて、晩秋のような暗い雰囲気が漂っていた。
まあ野の花の撮影のことを考えるとこのくらいでちょうどいいのだけれども、それにしても寒々しい雰囲気だった。

c0196928_18503015.jpg

とういわけで、今年出合ったものといえば、このカエルが気持ちよさそうに昼間っから交尾をしているところぐらい・・・。

まったくじつに気持ちよさそうに、いつまでも交尾してたなあ、こいつら・・・。

c0196928_18504269.jpg

ちなみに今年はこの au の URBANO MOND というケータイをお供させた。このケータイにはご覧のとおり歩数計が内蔵されている。

山頂までの歩数は 8276歩。消費カロリーは 158キロカロリーで、脂肪燃焼量は 22.1g。

私はいわゆる歩数計も持ってはいる。でもここまでは表示されない。最近のケータイはたいしたもんですね。

c0196928_18515156.jpg

このケータイには、「シルクロード」というソフトも内蔵されている。
中国の西安からローマに向かってシルクロードを歩いていくというソフトだ。

西安のスタート地点から大雁塔、始皇帝陵、兵馬傭、鐘楼・鼓楼、渭水、乾陵などを経て、4月28日の時点でやっと黄河まで歩いてきた。

ここまでの総歩行距離は 80km。ローマまではあと 1120km。
先は長いが、このようなソフトが内臓されていると、歩くのが楽しくなりますね。

ところで「九鬼山の話をもっと聞きたい!」と思う方はこちらをどうぞ。2年前のお話です。

          季節(いま)を求めて → 九鬼山は野の花の宝庫だった

それでは、また・・・。

↓ 自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしてください。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2011-05-03 18:53 | 山歩き&花 | Comments(2)
Commented by anatagaitiban at 2011-05-04 00:03 x
可憐にも ど根性にも 生きる小さな植物や動物の営みには、『お見事』と讃えたくなりますね!
・・・それから勝手な思い込みですが、MorosawAさんが携帯をもっていたことは・・・なぜか不思議な感じ??(*^。^*)
私もauですけれど そんな機能の付いた携帯があるとは知りませんでした~。 面白いですね。
Commented by JunMorosawA at 2011-05-04 22:01
> 勝手な思い込みですが、MorosawAさんが携帯をもっていたことは・・・なぜか不思議な感じ??(*^。^*)

その「勝手な思い込み」合っています。実は今まで信念としてケータイは持っていませんでした。
きっかけは震災ですね。

> 私もauですけれど そんな機能の付いた携帯があるとは知りませんでした~

最近のケータイには結構ついているようですよ。URBANO MONDは中高年向きなんでなおさらかもしれないですが・・・。


<< シャガの咲く道を進む      東慶寺境内にて >>