2010年 02月 25日
三浦アルプス いててて歩き
い て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て ・ ・ ・。

2週間ほど前に、3日ほど飲み会が続いた。
それで飲み過ぎたのがいけなかったらしい。

前日の夜、まるで波のように定期的に襲ってくる腹痛に悩まされた。
だから半分ぐらいしか眠れなかった。
これは流石にいかん。

しかし朝目覚めたときには一応治まっていた。
この日の予想はほぼ快晴。もったいない。

そこで鷹取山と同じ、近場の三浦半島の山を歩いてみることにしたのだった。




c0196928_18132742.jpg

三浦アルプス・トレッキングMAP(京浜急行)


今回目を付けたのはこの三浦アルプス。
葉山側にある仙元山から横須賀市側の田浦方面に向かって三浦半島を一気に横断するルートだ。

上の地図は京浜急行のホームページにある「三浦アルプス・トレッキングMAP」。
本物を丸々載せたらまずそうなんで、ここでは縮小版だけ載せておきます。本物は京急のホームページにPDF形式のがありますから、そこからゲットしてください。

というわけでこの縮小版で説明すると、左下に「三浦アルプス・トレッキングMAP」と書いてありますよね?その上に仙元山があります。
そこから「三浦アルプス」と書かれたルートを通って「凡例」の上にある乳頭山という楽しげな名前の山に向かい、田浦梅林に下るというのが今回のルートです。

c0196928_18151735.jpg

まずはJR逗子駅からバスに乗って風早バス停に向かう。
バスのルートが沢山あってどれに乗ったらいいか迷うところだが、基本的にはご覧の2番乗り場から乗れば問題ない感じもする。
分からなかったらバスの運転手に訪ねるのが一番だ。

c0196928_18153787.jpg

8分ほどで風早バス停に到着。
バスの進行方向に向かって歩き始め、葉山トンネルの手前で右折して森戸海岸方面に入る。

するとすぐに木ノ下信号が見えてくる。
その手前の左側に、ご覧の葉山教会へ向かう坂があるから、ここを上っていく。

c0196928_18155366.jpg

この坂がまたなかなかの急坂なのだが、少し登ってから後ろを振り返ると、湘南の海が見えてくる。
海に近いハイキングコースはこれがありがたい。

c0196928_1816614.jpg

坂を上ること5~6分で正面に葉山教会が現れる。白色で清潔そうな教会だ。

c0196928_18161855.jpg

教会の左側に、教会のイメージとはちょっと不似合な「仙元山ハイキングコース入口」という案内板がある。

そこに入っていくと途端に山道に変わり、野鳥のさえずりが聞こえてくる。この急変ぶりが心地よい。

c0196928_18163417.jpg

じつは仙元山山頂には葉山教会からわずか10分ほどでたどりつけてしまう。バス停からでも25分ほどだ。

それでご覧の大展望を得ることができる。

是非上の写真をクリックして大きな写真で見てもらいたい。
逗子・葉山の海の向うに、右手に江ノ島が、そしてその先やや左手に薄っすらと富士山が浮かんでいるのが分かるだろうか。

今回のコースで一番展望に優れているのがここ仙元山だ。
そしてこの仙元山から葉山町役場の方に下りていくハイキングコースなら、わずか1時間半弱。誰でも歩けるコースとしてお薦めだ。

c0196928_18164973.jpg

ここまでどうにかお腹の方は持ってくれていた。
だから私は当初の予定どおり、ここから三浦アルプスを縦走して田浦に向かう決心をした。

しかしそのあと私に襲ってきたのは・・・。

by JunMorosawA | 2010-02-25 18:17 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by たかしの嫁 at 2010-02-28 11:15 x
先日はたかしがお邪魔様でした。ビールおいしそうに飲んでいます。千元山のハイキングコースの写真とても良いですね。ああいう感じの所は大好きです。三浦半島っていいですね。お腹のほうは大変そうでしたね。田浦の梅林楽しみにしています。
Commented by JunMorosawA at 2010-02-28 22:04
たかしの嫁さん、こんにちは。

旦那さんには説教されそうで怖いです(笑)。

仙元山はバス停から近いし、とてもいい場所ですよ。

三浦半島は他にも三浦富士とか二子山、大楠山など、いい山がたくさんあります。

> お腹のほうは大変そうでしたね。

弱いから3年に一度ぐらいひどいのに見舞われます・・・。
ま、自業自得なんですけれど・・・。

> 田浦の梅林楽しみにしています。

いやあ、こちらは楽しみにされると困ります(苦笑)。
また数年後に訪れてみたいです。


<< 三浦アルプス いててて歩き 後編      ただ今引っ越し中(単なる閑話です) >>