2009年 09月 08日
富士登山記 2009 その8
富士宮口新5合目から歩き始めてすでに2時間15分、やっと御殿場口登山道に合流。
あとはこの日の宿、赤岩八合館を目指すだけなのだが・・・。




御殿場口登山道はスタートに当たる5合目の標高が大変低いため、つまりそれだけ山頂まで遠いため、あまり登山者の数が多いルートではない。

登山者の数が多くないってことは当然山小屋の数も限られてくる。
山小屋の数が少ないと目標にすべきポイントが少ないってことで、これは歩いていてこたえるものだ。

4時15分、休憩を取る。
チョコがおいしい。直前にコンビニで買っておいてよかった。疲れているときには本当に甘いものがおいしく感じられる。

このあたり、風が少しだけ出てきたため、じっとしていると少し寒い感じがした。
そういえばずっと長袖のシャツ姿のままで過ごしていたんだっけ・・・。

c0196928_2144068.jpg

4時30分、数少ない山小屋のうちの1つの7合目の日の出館にやっと到着。
しかしご覧のように、外にハイカーが1人いるだけでひっそりとしていた。はたして宿泊客がいるのだろうか。

じつは日の出館到着予定時間は3時40分だった。従ってもう50分も遅れている。ちょっと甘く計算しすぎていたようだ。
やはり御殿場口登山道はそんなに楽なルートではない・・・。

c0196928_217525.jpg

4時36分にわらじ館を通過。そして4時40分、今度は砂走館に到着。
このあたりは山小屋が連続するものの、ご覧のように山小屋の前に沢山並べられているベンチで休んでいたのはたった1組のハイカーだけ。どうも活気がない。

やはりこうしてみると、御殿場口ルートの登りって人気がないようだ。

c0196928_2181377.jpg

4時50分、再び休憩。もう1時間に1回の休憩では足りない。30分に1度、それも10分ぐらいは休みたい。
そう。流石に心臓も脚もくたびれてきていた。薄い酸素の中、もう3時間半もつらい登りばかり歩いているのだ、無理もない。

しかし後ろを振り返ると宝永山の彼方に雲海が果てしなく広がる。
すごい。今回は雲海の素晴らしさがとても目立つ。

c0196928_2182870.jpg

5時10分、近くにいた登山客から「ほら、影富士だよ」という声が。

「まさか」と思って振り返ると、確かに雲海の上に薄っすらと影富士が写っていた!

影富士とは朝日や夕日を受けて富士山の美しい形がすそ野に影となって映ることを言い表したもの。

噂には聞いていたが見るのは今回が初めてだ。
素晴らしい・・・。

このあたりでまた休憩を取る。いったいこの日何度目の休憩だろう。

登山口からここまでずっと長袖のシャツだけで来たが、流石に少し冷えてきたんで、デイパックから薄いセーターを取り出して着込んだ。
標高はもうとっくに3000mを超えている。無理もない。

c0196928_2184275.jpg

5時20分頃か、上に建物が見えてきた。

本日の宿、赤岩八合館だ!

(つづく・・・)

by JunMorosawA | 2009-09-08 21:09 | 低山歩き | Comments(0)


<< 富士登山記 2009 その9      富士登山記 2009 その7 >>